フルート, 歴史, 音楽

2分で分かる!フルートの歴史 〜前編〜

「フルートっていつからあったんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

今回は、フルートの歴史について、前編、中編、後編に分けてまとめました。

それではまず、笛はいつからあったのか?を知っていきましょう。

端的に知りたい方は、こちらの動画でも紹介されています。

笛の発見

最も古いものとしては、4万年前、

ネアンデルタール人のものと推定される、

アナグマの足の骨で出来た笛が、

スロヴェニアの洞窟で発見されました。

ほぼ同じ頃に、恐らくヒトが作ったであろう、

ハゲワシの骨で出来た笛がドイツの洞窟で発見されました。

その他の笛

数千年前の骨で作られた笛は、各地で発見されています。

しかし世界各地の原始的な笛は、

パンフルートの吹いていたような

葦(あし)という植物で出来た縦笛か

オカリナのような形の石笛(いわぶえ)土笛

ほとんどでした。

笛の伝来

一説によると、紀元前9世紀からそれ以前の

中央アジアに発祥したと言われております。

これが、シルクロードを通り、

インド中国日本ヨーロッパに伝わったといわれています。

続いて、横向きのフルートが誕生した時代です。

次の記事はこちら。フルートの歴史〜中編〜